ニートになる人の特徴と抜け出す方法

最近ではすっかり定着したニートという言葉。この言葉は造語であるが、この言葉が出来たのはそれほど古くもない。ニートの定義は学生でもなく、かといって主婦でもないのに働かない人のことを言う。主に15歳から24歳ぐらいまでが、多い傾向にある。
では、そもそもなぜ働かなくなってしまったのであろうか。これにはいくつかの理由があり、1つは考え方が真面目過ぎるというものだ。真面目過ぎるがゆえに、給料も増えず将来的に何も希望がない労働に魅力を感じないのであろう。それよりも自分の好きなゲームをしていればいいやと考えてしまうのだ。
また、過去に嫌な思い出がある場合にもなりやすい。例えば、学生時代にいじめにあったという経験の人が多いようだ。そのようなトラウマが原因で、働かなくなってしまうのだ。それ以外にも原因はさまざまであるが、できるだけ早く社会復帰をしたほうが親の負担も減るし、本人の為でもある。
もし高卒でニートになったとして、それが10年も20年も続いてしまうと抜け出す事のほうが難しくなってしまうのだ。若いうちは分からないかもしれないが、人間は歳をとると頭が固くなる。そして、新しい事をするのが億劫になってきてしまうものだ。そうならない為にも、1日も早く社会復帰をする事が望ましい。できれば、20代前半で抜け出す事が必要である。抜け出す為には、自分が社会に役立つという事を思い出そう。誰もが本当は心の底では人に認められたいと思っているし、人の為に働きたいと思っているのだ。それをいかに思い出すかが重要なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です